Menü überspringen

技術情報

工作機械における省エネルギーの考察

生産財産業の様々な場面において、省エネルギーが重要な製品特性になってきました。材料搬送用のギアモータは、ここ数年、省エネルギー機器に分類されています。工作機械を用いた製造現場では省エネルギー推進に向けて多くの試みを行っています。エネルギー節約の可能性は、工作機械のベースロードに関係し、これは非生産工程においてもエネルギー消費を必要とします。実質、工作機械の付属機器がベースロードを決定します。付属機器において高効率モータを使用する他に、適切なエネルギー管理を行うことによりベースロード低減に関する多くの可能性を見出すことができます。エネルギー管理を用いて非生産工程での機械制御を行うことによりエネルギー消費を具体的になくすことが可能です。

セットアップ作業中における各種作業者支援により、省エネルギーを進めることができます。理由は、これらが非生産工程を短縮し、ベースロードの影響を低減するためです。当然、スクラップ発生により、1 良品あたりの消費エネルギーが増大します。それゆえ、最初の部品から始まる精度によって製造することは、工作機械の省エネルギーに関して決定的な要因になります。バランスのとれた温度の振る舞いと正確な位置測定技術により設計された工作機械は、省エネルギーの面ではっきりとした強みを持ちます。