Menü überspringen

工作機械の加工精度

大きく変化する動作条件を考慮すると、工作機械の熱に対する精度はますます重要になってきています。特に、小さいバッチの製造では、頻繁に加工作業が変わり、定常温度状態に達することができません。同時に、採算性を求めるためには、最初の加工部品の精度が重要になってきます。ドリル加工、粗加工、仕上げ加工間の頻繁な作業変更は、工作機械の温度状態を不安定にさせます。粗加工におけるミーリングの割合は80%以上に達する一方、仕上げ加工においては10%以下です。高加速度とおよび高い送り速度の運転は増えつつあり、これらは直動機構のボールねじの加熱を引き起こします。それゆえ送り駆動における位置測定は工作機械の熱の作用を安定化さするための中心的役割を果たしています。