Menü überspringen
Machine Measurement

Interactive Show

Flash is required!

Documentation

undefinedBrochure

工作機械の検査システム

公差や面精度の観点から見て工作機械の性能は本質的にはその機械の挙動の動的特性および静的特性に依存します。精密加工においては その運動の偏差を計測および補正することが重要です。 工作機械の検査のガイドラインと規格(ISO230-2,ISO230-3,ISO230-4とVDI/DGQ指針3441)は動的な、又静的な偏差の決定の為の計測数を規定しています。
通常の工作機械の検査と受領試験は、無負荷本質的に機械の幾何的構造の静的計測と、位置制御機においては位置決め精度測定に限られてきました。

加工結果が基準輪郭の動的な偏差や機械の高加速度の影響が大きくなってきているので、機械の動的な挙動を描くために加工部品の寸法精度の検査が行われます。

ハイデンハインの計測システムKGM とVM 182は動的、及び静的偏差要素の直接計測に使用できます。

加工結果のみを計測する方法に対して、この直接計測法は、工作機械の影響から技術的な影響を切り分ける事、そしてその影響から項目別に区別する事ができる点で優れています。

特に高速においては、動的計測は工作機械の状態と、同じくCNC制御、ドライブ系、位置検出システムで構成される制御ループのパラメータ設定に関して、輪郭制御の挙動についての情報を与えます。

比較計測システムを使用した直線軸の位置決め偏差の計測のような静的計測に対しては、機械の幾何的な精度について唯一論じることができます。

工作機械メーカーは機械の検査結果をより高精度に向けた設計改善に役立ちます。そのような計測はCNC機械の精度に影響する制御ループのパラメータの最適化にも役立ちます。

工作機械のユーザーはこれらの計測システムを検収や定期検診に役立てる事ができます。