新しい信号処理ASICを搭載したハイデンハインのオープンタイプリニアエンコーダ

ハイデンハインのオープンタイプリニアエンコーダは、非常に安定した走査信号を出力するため超高精度の位置決めや精密な運動制御が必要な場面で使用されています。しかし、スケール本体や走査レチクル上の汚れが走査信号に悪影響を与えることがあります。これら高精度への要求に長期間応えるべく、ハイデンハインは新しい信号処理ASICを開発し、新世代のインクリメンタルオープンタイプリニアエンコーダに初めて搭載しました。

ハイデンハインの新しい信号処理ASICは、走査信号を常時モニターします。例えばスケール本体に汚れが付着するなど、外部の影響を受けた場合に走査信号は変動しますが、新しい信号処理ASICはその変動を調整し汚れの影響を受ける前の状態に戻します。