多品種少量生産での安定した精度

工作機械の精度を決めるひとつの要素として、動作条件の急速な変化に対応できるかが重要な項目として挙げられます。なぜなら粗加工から仕上げ加工へ移行する際、工作機械への機械的・熱的な負荷が精度に大きな影響を与えるからです。同様の負荷変動は少量生産時においても生じます。セットアップ工程から加工仕様までが絶えず変動すると精度にさまざまな熱偏差をもたらします。

Semi-Closed Loop
温度ドリフトあり

Closed Loop
温度ドリフトなし

詳細情報