大規模自動生産設備におけるマシニングセンタの精度向上

自動車産業の大量生産は変革期の最中にあります。例えば、自動車用パワートレイン部品の機械加工では、柔軟性を向上させるため、従来の柔軟性を欠いたトランスファーラインを徐々にライン化したマシニングセンタに置き換えています。

ワークの公差は生産システム全体での各生産機械またはサブプロセスによって決まります。

Closed Loop制御で使用するリニアエンコーダにより、加工精度が向上し公差余裕が大きくなるため、例えば、工具の寿命を長くすることができます。

Closed Loop
量産時の偏差を低減

詳細情報