Functional Safety

ハイデンハインは機能安全対応のアプリケーションに使用されるエンコーダを提供します。 これらのエンコーダはジングルエンコーダシステムでEnDat2.2インターフェースを介しシリアルデータ転送として稼働させることができます。信頼性の高い位置データの伝送は2つの独立系で精製された絶対値とエラービットによって構成され、そのデータが安全性を求める後続電子部へ送られます

General information:

ハイデンハインは機能安全のアプリケーションに最適なロータリエンコーダ、角度エンコーダおよびリニアエンコーダを提供します。これらのエンコーダを機能安全対応のシステムで使用するためには、後続電子部や制御側でエンコーダデータを正しく評価し処理する必要があります。機能安全対応のEnDatの導入、搭載のために必要な事項はハイデンハインから提供される専用の資料に記載されております。この資料にはたとえばモニター機能、位置値とエラービットの評価と処理および接続に関する情報が記載されています。

機能安全対応のEnDatマスタは基本的にはこれらの資料を元に開発することができます。 しかしながら機能安全対応のEnDatマスタの開発および検査は非常に労力を要するものです。このためMAZeT社がFPGAおよびASIC用の動作確認がなされた機能安全対応のEnDatマスタを準備しました。この機能安全対応のEnDatマスタはハイデンハインとともに開発および検証した製品となります。これにより機能安全対応EnDat2.2インターフェースの導入はお客様にとってより容易なものになります。

下記にハイデンハインとMAZeT社が提供する資料の概要を挙げます。併せてMAZeT社の機能安全対応EnDatマスタの導入搭載に関するいくつかの方法についても記載