校正サービス

ハイデンハインでは、リニアエンコーダと角度エンコーダを定期的な校正が可能です。
校正の種類は、以下の2つがあります。

製造者校正→製造者発行検査証明書, DAkkS 校正→DAkkS校正証明書

どちらも、ドイツ国内規格または国際規格に合致するトレーサビリティ(ISO9001に準拠)が確保されております。

DakkS校正とは何ですか?

DAkkS 校正により、ユーザーは、定義された条件下での特定のデバイスの測定誤差について確実性を得ることができます。 結果として得られる校正証明書は、監視された公平な機関による一般に認識されているエンコーダの計量学的トレーサビリティを文書化します。

注: ISO 9001 に準拠し、有効な結果を保証するために必要な範囲で、測定装置は、特に、定義された間隔で、または国際または国内の測定基準にトレーサブルな測定基準で使用する前に、校正および/または検証する必要があります。

ハイデンハインでの DAkkS 校正

ハイデンハインの認定校正ラボは、1994 年以来、DIN EN ISO/IEC 17025 に準拠してデジタル リニア エンコーダおよび角度エンコーダを校正してきました。ドイツの国家認定機関 DAkkS [Deutsche Akkreditierungsstelle GmbH] は校正ラボを検査および監視し、ハイデンハインの人材と計測能力を認定します。

DAkkS 校正証明書の要件

DIN EN ISO/IEC 17025 に準拠した正しい校正には、検証および検証された手順が必要です。 当社の校正ラボは、多くのハイデンハイン製品 (長さゲージなど) に対してそのような手順を開発および確立しており、一般にほとんどの顧客のニーズを満たしています。 特別な要件がある場合は、校正ニーズの包括的な説明を提出してください。 ハイデンハインが実現可能性を確認し、見積書を作成します。

DAkkS 校正証明書または製造者発行検査証明書?

製造者発行検査証明書では、製造元はエンコーダの測定誤差に関する情報を提供しています。 DAkkS 校正証明書には、独立した公平な機関を通じてエンコーダの測定特性が記載されています。 DAkkS の校正証明書とメーカーの検査証明書はともにドイツ国内規格または国際規格に合致するトレーサビリティ(ISO9001に準拠)が確保されておりま。

お問い合わせ先 – サービス

ソリューションエンジニアリング部

042 798 6262

service@heidenhain.co.jp