工作機械の精度

工作機械において熱による寸法偏差は、ほとんどの場合、送り軸の駆動装置で生じます。高加速度および速い移動速度での運転は ボールねじの発熱と熱変位をもたらします。 リニアエンコーダなどの計測装置を使用しない場合、数分で最大100 μmの位置偏差をもたらします。厳しい精度を追求される加工部品は、さまざまな加工作業において熱安定性を維持した工作機械でのみ生産することができます。 

Microsite