計測および品質保証向けバーチャル展示会:

アプリケーションを進化させるソリューション

オートメーション化とデジタル化は、今日の計測・品質保証市場におけるゲームチェンジャーです。2022年バーチャル展示会では時代の最先端にある製品を紹介します。

  • ハイデンハインの角度エンコーダモジュールは高精度とデジタル化を両立しています。TRANSFERABLE ACCURACY 技術は指定された精度をアプリケーションで確実に再現することが可能です。測定アームに搭載されたモジュールMRS 2200で実証されているように、EnDatインターフェースはデジタル化に多くの恩恵を与えます。
  • デュアルエンコーダKCI 120 DplusおよびAMOとRSFのスケールテープタイプセカンダリエンコーダを使用することでロボットの精度を大幅に向上することができます。セカンダリエンコーダは、ロボットを計測作業に最適化し、計測と検査工程を効率的にオートメーション化する新しい可能性を創造します。
  • 多くの計測アプリケーションでは精度とコンパクト性の両方を必要とします。NUMERIK JENAのリニアエンコーダLIKは最適なソリューションです。 当社のバーチャル展示会でこれら製品も紹介しています。
  • ERO 2000、ERP 1000、LIC 3100そしてACANTOといった製品も詳しく紹介しています。
  • モーションコントロールシステムAccurETとポジションコントローラUltimETに重点を置いたETELの高性能システムも紹介しています。

バーチャル展示会はこちら